施設の概要

佐渡島中央部に広がる国中(くになか)平野の東側、新穂(にいぼ)地区の平野部の一角にトキ保護センターとトキの森公園(トキふれあいプラザ・資料展示館)があります。近くの山麓にはトキ交流会館や野生復帰ステーションが点在しています。

トキ保護センター

現在のトキ保護センターは、旧新穂村清水平(しみずだいら)にあった旧トキ保護センターの老朽化に伴い、平成5年に現在の所在地である佐渡市新穂長畝(にいぼながうね)地区に移転しました。

2haあまりの敷地の中には、5棟の飼育繁殖ケージ、隔離検疫用ケージ、ヒナを育てるための育すうケージ、管理研究棟などが配置されています。
また、飼育繁殖ケージ内外にビデオカメラが設置されており、トキの行動や産卵の様子などをモニター画面上で観察できるようになっています。

トキの森公園

トキ保護センターに隣接する一般公開施設で、佐渡市が管理運営しています。
(トキ保護センターは一般公開を行っておりません。)

・トキふれあいプラザ
飛翔可能な大型ケージ内に自然に近い生息環境を再現し、トキの飛翔、採餌、巣作りなどを間近で観察することができます。

・資料展示館
館内では、トキの保護増殖に関するパネル、映像・音声資料、はく製・骨格標本などが展示され、トキの生理、生態から保護活動の歩み、人工繁殖の成功、野生復帰までをわかりやすく展示、解説しています。また、トキ保護センターの飼育ケージ内のトキを観察できます。

・開館時間
  午前8時30分から午後5時まで (入場締切り 午後4時30分)
・定休日
  3月から11月  なし
  12月から2月  毎週月曜日(但し、月曜日が国民の祝日にあたるときは火曜日)及び年末年始(12月29日から1月4日)
・協力費
  大人        400円
  子人(小・中学生) 100円

トキふれあいプラザ等への入場等についてのご質問は、トキの森公園(電話:0259−22−4123)へお願いします。

ページ先頭へ


アクセス

佐渡島への道のり

下記リンク先のホームページに詳しく掲載されていますので、ご覧ください。
(それぞれ新しいウインドウまたはタブで開きます。)

佐渡島の概略図

佐渡島内での交通

車では、両津港から約15分、小木港・赤泊港から約50分。
路線バスをご利用の場合は、
 両津港からは「南線」佐和田バスステーション(BS)行きに乗車、
 小木港からは「小木線」佐和田BS行きに乗車、「真野新町(まのしんまち)」停留所で「南線」両津行きに乗換え、
 「行谷(ぎょうや)」停留所(行谷小学校の前)で下車後、徒歩約35分。

ページ先頭へ