2013年(平成25年)の記事

2013年12月10日 分散飼育地から佐渡トキ保護センターへトキが移送されました

12月4日(水)、多摩動物公園からトキ5羽が到着しました。移送された個体は、今後の放鳥計画により、佐渡におけるトキの野生復帰に向けた野生順化訓練を行います。

2013年の目次へ

2013年12月10日 中国にトキ7羽を返還しました

11月27日(水)、中国との覚書に基づき、中国から供与されているトキから生まれた子供7羽を中国に返還しました。返還したトキは、2000年(平成12年)に供与された美美(メイメイ)の子供、2007年(平成19年)に供与された華陽(ホワヤン)、溢水(イーシュイ)の子供で、2012年(平成24年)と2013年(平成25年)に生まれたトキです。

2013年の目次へ

2013年10月10日 トキ飼育繁殖・野生復帰報告会〜キンちゃん君を忘れない〜・野生復帰ステーション一般公開

最後の日本産トキ「キン」の没後10年及び放鳥開始5年に合わせ、トキ保護のあゆみと近況の報告会、佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションの一般公開を行います。
◆トキ飼育繁殖・野生復帰報告会
日時 11月24日(日)午前10時〜正午
会場 トキ交流会館(佐渡市新穂潟上)
内容・日本産最後のトキ「キン」の思い出・トキの保護増殖・野生復帰のあゆみ・トキの野生復帰の近況報告
定員 150名程度(申込み不要・先着順)

◆野生復帰ステーション一般公開
日時 11月23日(土・祝)・24日(日)午後1時〜午後3時
会場 佐渡トキ保護センター野生復帰ステーション(佐渡市新穂正明寺)
内容 トキの訓練施設や飼育・繁殖に関する資料の見学
定員 各日30名程度(要申込み・先着順)
申込み・問い合わせ先
佐渡トキ保護センター野生復帰ステーション
? 0259(24)6151【平日8:30〜17:15】
Fax 0259(24)6152
E-mail ngt035410.niigata.lg.jp

添付資料:
イベントチラシ[PDF 220KB]


2013年の目次へ

2013年10月6日 第9回放鳥を終了しました

トキの第9回放鳥については、9月27日(金)に開始し、同日12羽、9月28日(土)に2羽、9月29日(日)に3羽が野生復帰ステーション順化ケージから飛び立ち、第9回放鳥を終了しました。

2013年の目次へ

2013年8月28日 佐渡トキ保護センターで飼育中のトキが1羽死亡しました

8月26日(月)午後4時20分頃、佐渡トキ保護センターで飼育中のトキ1羽の死亡が確認されました。外傷は確認されていません。鳥インフルエンザ簡易検査は陰性です。死亡原因については、病性鑑定を県中央家畜保健衛生所に依頼し、その結果をみて判断します。

2013年の目次へ

2013年7月4日 脱出したトキの幼鳥の捜索結果及び今後の脱出防止対策について

平成25年6月8日に発生したトキの脱出について、捜索結果をお知らせするとともに、今後の脱出防止対策として「脱出防止対策の徹底について」をまとめましたのでお知らせします。
1.脱出したトキの捜索結果
平成25年6月8日に野生復帰ステーションから脱出したトキの幼鳥については、6月9日から23日まで数人体制での捜索を続けましたが、発見には至りませんでした。その後は、モニタリングによる個体確認と地域の方々からの情報収集による発見に努めていますが、依然として発見されていません。
2.今後の脱出防止対策について
今回のトキの幼鳥の脱出は、ドアの閉め忘れが直接の原因であるものの、飼育作業の慣れによる職員の気の緩みなどが主因であると考えられます。従って、再度このような事故をおこさないためには職員の意識改革が最も重要であり、組織内の定例ミーティングにおける安全管理意識の徹底を図ること、ドアを閉める際の指差し確認を徹底すること等を定めた「脱出防止対策の徹底について」をまとめ、脱出の防止を徹底することとしました。

添付資料:
脱出防止対策の徹底について[PDF 15KB]
安全管理指針[PDF 26KB]

2013年の目次へ

2013年7月1日 分散飼育地から佐渡トキ保護センターへトキが移送されました

6月28日(金)、出雲市トキ分散飼育センターからトキ4羽が到着しました。移送された個体は、今後の放鳥計画により、佐渡におけるトキの野生復帰に向けた野生順化訓練を行います。

2013年の目次へ

2013年6月25日 第9回放鳥に向けた野生復帰のための訓練を開始しました

6月25日、佐渡トキ保護センター野生復帰ステーション順化ケージに本年、9月下旬頃に放鳥を行う候補となる17羽を移動しました。

2013年の目次へ

2013年6月18日 第8回放鳥を終了しました

トキの第8回放鳥については、6月7日(金)に開始し、同日14羽、6月9日(日)に2羽、6月10日(月)に1羽が野生復帰ステーション順化ケージから飛び立ち、第8回放鳥を終了しました。

2013年の目次へ

2013年4月15日 野生下のトキがふ化しました

3月13日(水)に産卵したと見られる野生下のトキのペアにおいて、親鳥がヒナに餌を与える給餌行動を確認し、ヒナが誕生していると判断しました。ヒナの姿は確認されておらず、ふ化日も不明です。

2013年の目次へ

2013年4月15日 今春の飼育下におけるトキのふ化始まる

4月12日(金)午後4時33分、出雲市トキ分散飼育センターにおいて、AFペア「144(オス6歳)と195(メス4歳)」が抱卵中の卵3個のうち1個からヒナが自然ふ化しました。

2013年の目次へ

2013年4月10日 分散飼育地から佐渡トキ保護センターへトキが移送されました

4月9日(水)、長岡市トキ分散飼育センターからトキ3羽が到着しました。移送された個体は、今後の放鳥計画により、佐渡におけるトキの野生復帰に向けた野生順化訓練を行います。

2013年の目次へ

2013年3月28日 分散飼育地から佐渡トキ保護センターへトキが移送されました

3月28日(木)、いしかわ動物園からトキ3羽が到着しました。移送された個体は、今後の放鳥計画により、佐渡におけるトキの野生復帰に向けた野生順化訓練を行います。

2013年の目次へ

2013年3月14日 今春の飼育下におけるトキの産卵始まる

3月13日(水)17時03分、今年初めての産卵が確認されました。産卵したのは、野生復帰ステーションで飼育中のNo.96(オス)とNo.53(メス)のPペアです。

2013年の目次へ

2013年3月11日 野生復帰ステーションで飼育中のトキが1羽死亡しました

3月7日、佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションで順化訓練中のトキ1羽の死亡が確認されました。鳥インフルエンザ簡易検査は陰性です。死因については、衝突か地上への落下時の衝撃により死亡したと考えられます。

2013年の目次へ

2013年3月11日 第8回放鳥に向けた野生復帰のための訓練を開始しました

3月7日、佐渡トキ保護センター野生復帰ステーション順化ケージに本年、6月上旬頃に放鳥を行う候補となる18羽を移動しました。

2013年の目次へ

2013年1月17日 佐渡市へトキを移送しました

1月17日(木)、トキふれあいプラザにトキ4羽を移送しました。移送された個体は、今後飼育繁殖に取り組みます。

2013年の目次へ

ページ先頭へ